BLOGブログ

アサガオのたね

5月に入り、私は小学校に呼ばれました。

 

4月にできなかった小学校の授業を親が代わりに教えるということで、国語や算数といった基礎学習のプリントからお絵描きや縄跳びといった図工や体育まで、いろいろと教材を先生から手渡されました。

 

そこには、理科の実験教材であるアサガオのたねもありました。植木鉢から肥料から種を植える土まで用意されていました。それを見て私も小学一年の時、アサガオのたねを植えたことを思い出しました。また今の教材はすべて揃っているのだと驚きました。

 

早速、家に持ち帰り、娘と一緒にたねを植えました。一週間も経たないうちに芽が生え、若葉が実りました。芽が出たことに娘はとても喜んでいました。

 

 

娘はアサガオに水をやるのが日課になりました。そのせいもあって、朝起きるのがいつもより早くなりました。

 

5月10日、娘と一緒にカーネーションの花を買いに行きました。「お父さんにもと言って、折り紙でお花をつくってくれました。

 

※この折り紙は、弊社がノベルティー用につくったエアクリーンペーパー仕様の折り紙で、お子様がクレヨンや色鉛筆で色が描けるように白用紙になっています(^^)

 

コロナで自粛生活とはいえ、悪いことばかりではないなと思いました。

 

 

娘は6月から小学校に登校する予定です。
小学校でアサガオの花がたくさん咲くことを願っています。

この記事を書いたブログライター:丸善DJ 毛利

この記事を書いたブログライター:丸善DJ 毛利